4K8K工事のトラブル

とうとう2018年12月1日からBSによる4K8K放送が始まります。
今は各工事会社がこぞって4K8K工事を勧めていますが、一方でトラブルも出ているようです。
後から後悔しないために、事前にきちんとした知識を持っておくことが重要です。

工事料金が公開されていない

実は多くの会社でBSアンテナ工事は標準では4K8Kに対応していません。
4K8Kの工事だと思っていたら実は昔からあるいわば2KのBSアンテナとブースター料金だったなんてことがあります。
しかも、4K8K工事対応と謳っていても、実際の工事料金が明記されていないこともあり、4K8Kに対応した工事を頼んだらものすごく高額請求されてしまった、なんてこともあるようです。

不要な工事までされてしまう

4K8K放送を視聴するには、必須条件と推奨条件があります。
もちろん必須条件を満たす必要がありますが、多くの会社がこの推奨条件もまるで必須のように言い、ホームページ上では表記していない追加工事を行い、高額請求をしてきます。
それが、分配器の交換とテレビ端子の交換です。中にはケーブルの交換まで言い出すこともあります。
これらは、対応品に交換することが推奨されてはいますが、必須ではありません。また、今の新築であればケーブルが対応していないことは考えられません。
※ケーブルの表記上4K8K対応と謳っていなくても、実際には4K8K対応製品と変わらないものがほとんどです。
ちなみに、必須条件とは
  1. 4K(8K)対応のテレビ
  2. 4K(8K)対応のチューナー※このチューナーが内蔵されたテレビは2018年夏ごろから発売開始予定です
  3. 4K(8K)対応のBSアンテナ
  4. 4K(8K)対応のブースター
なお、実は今までの2Kと言われるBSアンテナとブースターでも4K放送の一部は受信できます。
参考:総務省「BS右旋帯域再編の概要」
各工事会社の4K8K放送に対する取り組みはよく調べてみましょう。