新築でアンテナ工事を行うときの注意点

テレビを見るための方法・アンテナ以外の方法

新築に引っ越し新たな生活を始めようとしたとき、忘れがちとなってしまいますが、テレビをただ繋げればすぐにテレビを見られるわけではありません。アンテナを設置するかその他のサービスに契約しなくてはいけません。
では、どのような選択肢があるのでしょうか?

  1. アンテナを設置する
  2. ケーブルテレビやフレッツテレビ、ひかりTVに加入する
  3. TVerや各放送局のアプリで視聴する

大きく分けると上記のようになりますが、それぞれ少し解説します。

アンテナ工事のメリット・デメリット

  • メリット
    初期費用が掛かるだけで、月々などの利用料を払う必要がない
    すべての部屋(アンテナ差し込みがある場所)でテレビが見られる
    手頃である
    見た目や取り付け場所をいろいろと選べる
  • デメリット
    自然災害で倒れてしまった場合などは自己負担で修理
    地方局などが映らない場合がある
    初期費用が高くなる場合がある
    家の見た目に影響する

ケーブルテレビのメリット・デメリット

  • メリット
    初期費用が掛からない(かかる場合もあります)
    インターネットや電話などのその他のサービスとまとめることができる
    手軽に多チャンネル放送が見られる
    家の見た目に影響しない
    4K放送など最新の放送規格にすぐ対応する
    すべての部屋(アンテナ差し込みがある場所)でテレビが見られる※一部そうでない場合もあります
  • デメリット
    月々の利用料を払う必要がある
    簡単に解約しづらい場合がある(解約のタイミングによっては違約金が必要)
    インターネットや電話をまとめて契約した場合、一部だけの変更が面倒
    テレビ1台ごとの契約の場合は複数の契約で割高になることがある

フレッツテレビのメリット・デメリット

  • メリット
    インターネットや電話などのその他のサービスとまとめることができる
    月々の視聴料金が比較的安め
    家の見た目に影響しない
    4K放送など最新の放送規格にすぐ対応する
    すべての部屋(アンテナ差し込みがあ場所)でテレビが見られる
  • デメリット
    フレッツ光を契約する必要がある
    フレッツ光のエリアでもテレビサービスに対応していない場合がある
    そもそものフレッツ光サービスが割高
    インターネットの回線を乗り換えるときに、同時にテレビサービスの切り替えも必要

ひかりTVのメリット・デメリット

  • メリット
    いろいろなインターネットサービスで利用できる
    家の見た目に影響しない
    4K放送など最新の放送規格にすぐ対応する
    手軽に多チャンネル放送が見られる
    無線LANなどで、テレビの差し込みがない場所でもテレビが見られる
  • デメリット
    ISP(インターネットサービスプロバイダー)が制限される
    テレビごとにチューナーが必要になるため、複数のテレビでテレビを見る場合は割高になる※チューナーを自分で用意することも可能
    インターネットの回線を乗り換えるときに、同時にテレビサービスの切り替えも必要

TVerなどアプリのメリット・デメリット

  • メリット
    インターネット回線があればすぐに見られる
    見たいタイミングで見ることができる
  • デメリット
    見られる番組に制限がある
    画質が良くない

なお、abemaTVなどは全く別のサービスなので除外します。

アンテナ工事などを申し込むタイミング

新築に引っ越すときは大きなイベントがたくさんあって忘れがちになってしまうアンテナ工事ですが、どのタイミングでてはいすればいいのでしょうか?新築に引っ越すまでに以下のように様々なイベントがあると思います。

  1. くらしのイメージづくり
  2. 資金計画
  3. 土地探し
  4. ハウスメーカー、工務店の選択
  5. 敷地調査、地盤調査
  6. 土地購入・契約
  7. 建物のプランニング・設計
  8. 建築請負契約
  9. 建築確認申請
  10. ローンなどの選択
  11. 建築着工
  12. 上棟
  13. 竣工
  14. 引渡し
  15. 引越し
  16. 入居

建売を購入する場合は上記のうちいくつかは不要となる場合もありますが、おおよそ上記のようなイベントがあります。アンテナ工事もどこに依頼するかで変わってきますが、一般的には引き渡し後のスケジュールを整理して申し込むことになると思います。サポートが丁寧な会社の場合は、建物のプランニングの際にアドバイスをもらえることもあるようです。どういったアンテナをつけたいのか、どういった場所には付けたくないのか、土地はどこなのかなどによってアンテナの配線や下地補強などを相談できるようです。
また、工事自体は引越し前に済ませておくとスムーズです。引越し業者がテレビをつなげてくれればその時点ですぐにテレビが見られるのですから。
ケーブルテレビやそのほかのサービスの場合も同様ですが、工事の予約から1か月以上待たされる場合もあるので、こちらの場合はアンテナ工事よりも早く手配した方がいいでしょう。アンテナ工事業者は「最短即日工事」なんてところもありますが、ケーブルテレビなどはそうもいきません。

なお、アンテナ工事をハウスメーカーにお任せする場合は、ハウスメーカーとの打ち合わせの際に早めにお願いしておきましょう。場合によっては工事料金を自宅のローンに組み込むことができます。

アンテナ工事の種類について

  1. 八木式アンテナ
    昔からあるアンテナで魚の骨みたいなアンテナともフィッシュボーンアンテナともいわれます。種類が豊富にあり50cm程度のものから3m以上のもの、マンション用などいろいろなものがあります。戸建てで使うには、一般的には屋根の上に立ててワイヤーで支える方法がとられますが、壁から棒を立ち上げて取り付ける方法もあります。
  2. デザインアンテナ
    地デジ化されたのとほぼ同じ時期から徐々に増えてきて、今は新築での設置はメジャーなタイプです。八木式アンテナよりもメーカーごとの個性があり、カラーバリエーションもあります。外壁にマッチさせて目立たなく設置することができます。また、倒壊のリスクがかなり少なく長期間にわたって使用できるアンテナです。ただし、屋根の上に設置する八木式アンテナに比べて、設置高さが低いと電波を受けづらい場合があります。以前はフラットタイプが主流でしたが、小型のものや棒状のアンテナもあります。
  3. 屋根裏アンテナ
    これはアンテナの種類というより工事の種類ですが、最近は屋根裏にアンテナを入れてしまう工事も多いようです。見た目もすっきり、自然災害にも強く外壁の防水を気にすることもない優れた工事ですが、建物によっては工事ができないこともあるようです。また比較的難しい工事になるようで、工事会社によっては対応していないこともあります。
  4. パラボラアンテナ
    BS/CSの電波を受信するために用いられているアンテナです。電波を集めて反射させるディッシュ部分と電波を受けて変換するコンバーター部分でできています。地デジアンテナと違い、コンバーターが機械なので電気を使うことが特徴です。

初期費用と維持費用(契約費用)

アンテナ工事の場合

アンテナ工事会社の場合、地デジアンテナ工事の場合は最安で10,000円以下と謳っている会社もありますが、ほとんどの場合昔からついているアンテナの方向調整の料金のことです。実際には20,000円以上となることがほとんどで、またブースターも多くの場合必要だと考えると35,000円~50,000円程度になると思います。なにかと入り用の時なので安いに越したことはないのですが、その金額の差は仕上がりなどに大きく影響しているようにも思います。なかには薄利多売で格安で工事を行っている場合もありますが、ホームページを見ても金額がわかりづらい会社は注意が必要です。
また、地デジ+BSの場合は50,000円~70,000円程度、4Kに対応させると70,000円~100,000円程度になるのではないでしょうか。
ハウスメーカーに頼んだ場合はこの金額の1.5倍~2倍程度はかかることが多いようです。
家電量販の場合、ヤマダウェブコムを参考にすると、地デジ(八木式屋根上)+ブースターの場合で35,000円程度、BSに関しては本体代が別途かかってくるのではっきりとしませんがすべて屋根上で94,000円程度だと予測されます。なお、デザインアンテナの工事や4K対応の工事はさらに追加費用が必要となるでしょう。

ケーブルテレビの場合

ケーブルテレビ工事の初期工事費用はおおむね30,000円程度です。たまに営業の方がキャンペーンと称して初期費用無料で工事を行ってくれる場合もありますが、2年契約であったり、電話やインターネットも同時契約の場合など条件が付いてくることもあるようです。なお、インターネット経由の申し込みだと割引になることもあります。

月々の利用料金例
インターネット+テレビ(31ch見放題) 最初の12か月 4,750円/月 それ以降 6,648円/月
上記料金で5年間利用した場合(初期費用無料で計算) 323,854円
上記料金で10年間利用した場合(初期費用無料で計算) 722,734円 となります。

フレッツテレビの場合

フレッツテレビは初期費用がテレビ1台のみの場合と複数台の場合で大きく違うのですが、基本的には2台以上接続と申し込まないと後からテレビを増やすときに工事が必要になる場合があります。その場合の初期費用は22,600円となります。

月々の利用料(フレッツテレビ利用料金のみ)
地デジ+BS 660円/月
上記料金で5年間利用した場合(初期費用22,600円で計算) 62,200円
上記料金で10年間利用した場合(初期費用22,600円で計算)101,800円となります。

上記にフレッツ光NEXT利用料(4,500円とする)とISP利用料(2,800円とする)を合計した場合
5年間利用料金 500,200円
10年間利用料金 977,800円 となります。

ひかりTVの場合

ひかりTVはフレッツテレビと似ていますが、こちらは専用のチューナーが必要になるサービスです。自分で用意すればレンタル代はかかりませんので最新の高級テレビの場合は不要であることも考えられます。現在初期費用は不要となっています。

月々の利用料(ひかりTV利用料のみ)
地デジ+BS 1,000円/月 チューナー 500円/台
上記料金で3台のテレビで5年間利用した場合 150,000円
上記料金で3台のテレビで10年間利用した場合 300,000円 となります。

上記にフレッツ光NEXT利用料(4,500円とする)とISP利用料(2,800円とする)を合計した場合
5年間利用料金 588,000円
10年間利用料金 1,176,000円 となります。

まとめ

利用料金のみを比べるとアンテナ設置が圧倒的に安く済みそうですが、アンテナ以外のプランはインターネット利用料金も含まれているのでご注意ください。ただし、長く使えば使うほどアンテナ工事が得になるのは言うまでもありません。ただし、長期間安心して使用するには、技術力がある会社を選ぶ必要があるでしょう。10年間の使用だけで考えても、初期費用3万円程度の差は月々に換算すれば250円にしかなりません。少しでも安いところを探すより、より安心できる工事会社を選ぶ必要があるといえるでしょう。